沖縄小浜島旅行4

3日目


朝起きると、そこにはタイ人ボクサーに大敗した内藤大助がいた。


やはり昨日のシュノーケルのせいだろうか。


この日は沖縄最終日だったので、もうジャンガリアンハムスターは連れて帰る覚悟でやり過ごすことにした。

f:id:mechainu:20160910171228j:plain


この日は午後から竹富島のツアーを申し込んだ。


それまで数時間があったので、旅の想いでにいけたんとキーホルダー作りをすることにした。

私はカワウソ、いけたんはタコのパーツを選び、ポスカで色をつけて完成した。

f:id:mechainu:20160910171606j:plain


キーホルダー作りは20分で終わった。


ちなみにこのキーホルダーは出発して40分後にカワウソが何処かに逃げた状態でカバンから出てきた。





時間が有り余っていたので最後にプールでのんびりし、プールサイドにあったさんぴん茶を頂いた。 

f:id:mechainu:20160910182924j:plain


プールサイドにははんぺんみたいな浮き輪があり、いけたんと押すなよ押すなよ願望がハンパなかったが、

出発前だったのでやめておいた。


プールサイドも暑く、時間もまだまだ有り余っていたので

さしてお腹も空いていなかったがホテルでアーサーそばを食べた。


10分後、二人とも汁まで完食した。


初日のお湯そばに比べると100億倍くらい美味しかった。


お昼を食べたらいよいよ出発。

さよなら星野リゾート

f:id:mechainu:20160910183505j:plain


港に戻り高速船で竹富島へむかった。


竹富島に着くとまずはグラスボードに乗船した。


グラスボードから見る海はお魚天国で、ずっと下を向いていたら、

船酔いしてアーサーが出そうになった。

f:id:mechainu:20160910183924j:plain

アーサー天国になるところをなんとか回避し、グラスボードを降りて今度は水牛車乗り場にむかった。


出迎えてくれたのは

水牛のさぶちゃんとおじいちゃん

f:id:mechainu:20160910184237j:plain


サブちゃんはまずうんちをひとしきりぶりぶり出してから、

お客さんを10人以上のせた車を一生懸命ひっぱっていた。

水牛車ではサブちゃんの運転に合わせて、おじいちゃんが三線を弾きながら竹富島の唄を歌っていた。

f:id:mechainu:20160910184801j:plain


その唄声が何とも切なく、昔ながらの家々が残る景色を見ながら、

この島は戦争をしていた時はどれだけ大変だったか、今は笑顔でも昔は辛かったんだなと想いを馳せながら水牛車に揺られていた。


f:id:mechainu:20160910185532j:plain


水牛車を降り、バスに揺られて、

星の砂浜というところへ行った。


砂が星型のロマンティックな砂浜だが、なんせ暑い。

狂いそうなくらい暑い。


f:id:mechainu:20160910185834j:plain


箸置きにするためにサンゴを高速で拾った。

昨日マンションの排水溝に流れていってしまい、箸置きは1日しか使えなかったが、

サンゴの箸置きはすごく素敵なものだった。


高速でバスに戻ると帰りにホテルのフロントにあった無料のお菓子をがんがん詰めたかばんから、チョコが流れ出していることに気づき、二人とも無表情になった。


f:id:mechainu:20160910190548j:plain



おわり。

沖縄小浜島旅行3

プールから上がりシャワーを浴びて私達はレンタサイクルを借りた。


小浜島は非常に小さい島で少しの時間で島内をめぐることができる。


ホテルで借りた色鉛筆、絵葉書、ゴザなどをカゴに入れて、電動自転車を走らせた。


電動自転車の威力はすごい。

どんな坂道でも軽く漕げばどんどん上っていく。

私達は電動自転車でバイクくらいのスピードをだしながら島の反対側までサイクリングした。

f:id:mechainu:20160910164815j:plain


サトウキビ畑がサイドに広がる。

f:id:mechainu:20160910163734j:plain



島はほぼ一本道。

f:id:mechainu:20160910163849j:plain


途中で馬とヤギがいた。

f:id:mechainu:20160910164001j:plain


ヤギには角で頭突きされた。

次の日の水牛車体験で知ることになるのだが、角が生えてる動物の正面には立ってはいけないようだ。

痛くて内股になった。

f:id:mechainu:20160910164258j:plain


ゴールの海にはだれも人がいなかった。

とりあえず地鶏をして、

f:id:mechainu:20160910164529j:plain


草むらにゴザをひいて、もらった絵葉書と色鉛筆でお互いにお便りを書いた。


そろそろ届くころかな。


ホテルに戻り、明日こそは目の腫れを治したい!

ジャンガリアンを逃がしてあげたい!!

と思った私は、売店で冷えピタを買った。

ただこのままだと大きいので、フロントでハサミを借りて、その場で冷えピタを切り刻んだ。

フロントのスタッフは私の謎の行動を心配していた。


夜中いけたんは寝言で笑いながら寝っぺをしていた。


いけたんがリラックスしていることに安心して、

おならの匂いが消えるのを待ち、

冷えピタを顔中に貼って床についた。


3日目に続く。



沖縄小浜島旅行2

2日目


朝起きると、顔が内藤大助になっていた。

f:id:mechainu:20160910145828j:plain


顔というより、目が

WBC世界フライ級王者になっていた。


とにかくパンパンに腫れていて目が重い。

例えるなら瞼にジャンガリアンハムスターがぶら下がっているくらい重い。


今日はシュノーケルとサイクリングの予定なのに、、、

絶望的になったわたしはとりあえず、ジャンガリアンハムスターを両目にぶら下げながら朝食ブッフェに向かった。


f:id:mechainu:20160910150529j:plain


ブッフェはあまり見えなかったが、すごく美味しかった。


朝食を終えてもやはり内藤大助のままだったが、私は開き直りシュノーケルを決行することにした。


水着に着替え日焼け止めを塗っていると、パキンという音がいけたんからした。


ふと目をやるとホックが壊れた水着を首から下げた絶望的におぱーを出したいけたんがいた。


集合時間まであと30分で水着が壊れてしまったいけたんは急いでフロントで上だけ水着を購入した。


フロントから戻って新しい水着に着替えたいけたんは非常に先鋭的だった。


まず、下と上が全然違う模様だったし、なにより乳首がなぜかはみ出ていた。


時間がなかったのでダッシュでバスに乗りシュノーケルの集合場所に向かった。


到着して、いけたんは水着の上に着ていたパーカーを脱いでシュノーケルに挑もうとしていたが、

やっぱり乳首がめっちゃ出ていたので、

私は必死に止め、なんとかパーカーを着てもらい2人で集合場所へむかった。


集合場所にはカップルとカップルとカップルと内藤大助と乳首がいた。

そう、私たち以外みんなカップルだった。


マスクと足ヒレをつけ、講習が始まった。

講習に行くまでの間にインストラクターに泳げない旨を必死に説明した。

大丈夫ですよ。とインストラクターは優しく微笑んだ。


「そいじゃ、まず泳いでこちらへ来てくださーい。」

というインストラクターの威勢が良い掛け声で講習がはじまった。


私といけたんはパニック!!

となり、身につけたライフガードのベストを信じて、置いていかれないよう霧中で泳いだ。


人は、死ぬかもしれない!と思うと本来以上の力が出る。


私といけたんは無事泳ぐことができた。


講習が終わると、サンゴがあるところまでバナナボートに乗せられて連れていかれた。


スポットに到着すると、インストラクターから海に飛び込むよう指示が出た。

すごく怖かったから最後にそっと降りようとしたが、

私の前に座っていた中年男性が勢いよくバナナボートから飛び込んだので、その弾みで私は海に落ちた。

なんて日だ。


中年男性のせいで少し溺れたがライフジャケットのおかげで私は助かった。


海の中は非常に綺麗でお魚をたくさん見ることが出来た。


浜辺に戻った私達はパラソルの下で地鶏に夢中だった。


海と言えば私達はボニーピンクなので、ボニーピンク選手権を開催したり、海で乱れた髪を活かして、与謝野晶子選手権なども開催した。

f:id:mechainu:20160910154608j:plain


f:id:mechainu:20160910154626j:plain


ぬこめがね選手権の様子

f:id:mechainu:20160910154735j:plain


飽きた

f:id:mechainu:20160910154834j:plain

飽きた私達は浜辺でカレーを食べて今度はプールで泳ぐことにした。


プールには私達の大好きな未来型浮き輪(ただの長い発泡スチロール)があった。


私達にただの長い発泡スチロールを扱わせたら右に出るものはいない。


私達は未来型スタイルで誰よりもプールを楽しんだ。

f:id:mechainu:20160910155331j:plain


f:id:mechainu:20160910155353j:plain



2日目パート2に続く。





沖縄小浜島旅行

9月初旬、いけたんと2人で遅い夏休みをとって沖縄の小浜島へ行った。

f:id:mechainu:20160910132810j:plain


もう何回目の沖縄だろうか。

大学時代から社会人になってからも沖縄本島に行きまくっていた私達はついに離島に行くことにした。


旅行前に先月夫婦ふたりで実家に帰った時、母親が

「この子結婚してるのにいつも旅行させてもらっちゃって、だぃちゃんごめんなさいね。」


というと、だぃちゃんは

「まりちゃんにとってもいけたんにとっても二人の旅行は特別に大切なようなので、全然気にしていないし問題ないですよ。」


と言ってくれて、今回も安心して旅立つことが出来た。



出発前日に台風が発生したが私達は気にとめなかった。

晴れ女だからだ。

いけたんと旅行するとなんだかいつも晴れる。

今回も台風と台風の間の晴れ間にちょうど行くことが出来た。



一日目


まずは石垣空港に到着。

石垣空港からまたバスと高速船に乗るので、空港のカフェで軽くソーキそばを食べた。

お腹が空いていたし、時間がなかったのでもくもくと食べたが、

後から考えるとあれは、


お湯の味だった。


お湯のそばを食べた後、夕食の豪華バイキングに思いを馳せつつ、ダッシュで港行きのバスに向かった。


バスは貸切だった。

島のおじいちゃんが運転するそのバスはリムジンバスほどの大きさだったけれど、私といけたん以外は乗客は見当たらなかった。


f:id:mechainu:20160910135433j:plain


地鶏をしていたらあっというまに港に着いた。

おじいちゃんにお礼をのべ、港でサトウキビアイスを買って高速船に乗った。


アイスを食べながら高速船に揺られ30分で小浜島に到着した。


小浜港に着くと星野リゾートのお迎えがいて、なぜかぬるいウェルカムパインを食べさせられた。


星野リゾートに到着するとフロントでは沖縄のお菓子やアイスがたくさん用意され食べ放題だった。


お部屋までスタッフがカートに乗せて行ってくれるのだけれど、

よろしければアイスを食べながら乗ってくださいと言われ、

私は葡萄アイスを選んだ。

カートは非常に可愛く写真をとるシチュエーションには持ってこいだった。

テンションもあがり色んなポーズで写真を撮ってもらった。

葡萄アイスを持っていることなどすっかり忘れた私のワンピースはドラゴンボールのセルが吐いた血まみれになっていた。

f:id:mechainu:20160910141025j:plain


アイスをすすめてきたスタッフを酷く恨みながら、まず部屋に着いてすぐパンツ一丁になり紫に染まったワンピースを石鹸で洗った。


そして到着の際に選んだホテルのリゾートワンピに着替えた。

ホテルのリゾートワンピはどれも素敵で、私もいけたんも好きなものをチョイスした。


f:id:mechainu:20160910141639j:plain


小浜島のマーメイドになった私達はとりあえずプールサイドのバーのウェルカムシャンパンを頂きにいくことにした。

プールサイドに寝転びながらのシャンパンは最高以外の何者でもなかった。

f:id:mechainu:20160910142037j:plain


f:id:mechainu:20160910142117j:plain


本当に贅沢!シャンパン!素敵なプール!

青い海!

と思ってプールの横に目をむけると味噌スープ色の運河が流れており、土地開拓の難しさを痛感した。


夜のブッフェは本当に素敵だった。

昼にお湯味のソーキそばを食べたので美味しさもひとしおだった。


ステーキコーナーの後ろの外のプールに目をやると、ガリガリの猫が切ない目でステーキの匂いを嗅ぎにきていた。


人間と猫の格差を感じながら、デザートのピスタチオアイスに舌鼓を打ち、ピスタチオの白目などをいけたんに披露しつつ夕食を終えた。


そのまま部屋には戻らず、私達はシャトルバスで海辺に行きお散歩することにした。


海に到着すると真っ暗だった。

ランタンを持たされ、真っ暗な海に、さぁあとはご自由に行けと言わんばかりにいざなわれた。


真っ暗な海までの道は誰もおらず怖かった。

砂浜にブランコや本棚があったが完全にティムバートンの世界で不気味だった。


やっと海へ抜けるとそこにはランタンで出来た道が広がっていて、

これは素敵な世界だった。

f:id:mechainu:20160910143556j:plain


その後は星空が見えるハンモックコーナーに移動した。

ハンモックに寝転がると、そこには天の川や満点の星空が広がっていた。

流れ星も流れるその空を見ていると言葉が何も出てこなかった。


流れ星のことを伝えようと、ふと横を見るといけたんは目をつぶりお眠りになっていた。



一日目終了。

二日目に続く。

キラキラ

キラキラしたものがすき

わたしはキラキラしたものがすき

小さいころ おとうさんがのんでいるビールのびんのフタが

キラキラしていたから  

口にいれてみた

飲み込んでみた  

苦しかったかはおぼえてないけれど

おとうさんとおかあさんはあわてて

ちいさいわたしをさかさまにして

ぶんぶん ゆすった


ラムネがすきだった   

キラキラしたやつがはいっているから

でも 手でとりだせなくて

口でおもいっきり

吸ってみた

くちびるが  

ラムネの容器から抜けなくなって

おかあさんに

おこられた


スーパーでは
鮮魚コーナーがすきだった

さかなには

きょうみがなくて

大漁

という旗のとなりに
ぶらさがっている

網につつまれた

透明のボールが

キラキラしていて

きれいだなあと思った


デパートの屋上では

熱帯魚のコーナーが

すきだった

みんながパンダなどに
のっているとき

さかなのしたに

しきつめられた

キラキラしたやつを

ずっとみていた